メニューを開く

敷金返還

敷金返還

やっかいな敷金トラブルも、
法の知識でスムーズに解決。


賃貸契約が終了し、借主が賃貸物件を明け渡したあとは、貸主は敷金から原状回復費用などを差し引き、残額がある場合には借主に返還するのが決まりとなっています。
しかし原状回復の必要性などは借主・貸主の間で争いが生じることもままあるのが現実です。
当事務所では敷金トラブルに関して、法にのっとったスムーズな解決策をご提案いたします。

まずはご相談ください。

0120-844-110(受付時間:9:00~20:00)
メールでのお問い合わせ
事務所ブログ
メールマガジン登録
家樹